毛周期 膝下脱毛

毛周期に合わせた膝下脱毛

光脱毛は、2〜4カ月の期間を空けて施術します。
何故そんなに期間を空けなければならないのか、疑問に思ったことはありませんか?
「早く脱毛を終わらせたいから、もっと短い期間で施術をしたい!」と思う方もいらっしゃると思います。

 

しかし、この長い期間にはきちんと理由があります。
それは、毛周期が関係しています。
毛周期とは、毛が生え、抜け落ちるサイクルのことで、
体中の毛は私たちが気づかないうちに“生えては抜ける”を繰り返しているのです。
そのサイクルは、毛がどんどん伸びて成長する“成長期”、成長が止まる“退行期”、
毛が抜け落ちる“休止期”の三つからなりたっています。
このサイクルは部位によって長さが変わりますが、
脱毛を行う毛のほとんどが2〜4か月のサイクルで生えかわっているのです。
※膝下は約3〜4ヵ月です。

 

実は、光脱毛器の光によって脱毛効果が現れるのは、
ぐんぐん伸びる成長期のムダ毛だけ
で、その他、抜ける前のムダ毛には効果がありません。
期間を空けることで、成長期をだけを狙って照射することが出来るのです。
このタイミングは、個人個人により変ってくるので、脱毛状態などからも見極めて決めていきます。
脱毛効果をより高く出すためにも、スタッフの提案する時期に
脱毛が出来るようにスケジュールを組んでみましょう。

 

「早く終わらせたい!」という気持ちはよくわかりますが、光脱毛に焦りは禁物です。
ゆっくりと時間をかけて、確実に脱毛することが大切なのです。

 

>>>膝下脱毛のおすすめサロンはこちら!<<<

毛周期に合わせた膝下脱毛関連ページ

自宅で膝下脱毛のやり方
自宅での膝下脱毛のやり方は、剃刀や脱毛クリームを使う方法が主流です。ただし、自宅での自己処理はどんな方法でも危険が伴いますので十分に注意して膝下脱毛を行いましょう。
カミソリの膝下処理は危険
カミソリによる膝下処理は危険です。肌へのダメージが大きく、黒ずみ・埋没毛などの肌トラブルの大きな原因となります。なので、エステサロンで膝下脱毛がおすすめです。肌への負担が少なくムダ毛処理ができます。
膝下の自己処理方法
膝下のムダ毛の自己処理の方法のシェービングの仕方についてご紹介します。1番良い方法は、シェービングよりもエステの膝下脱毛がおすすめです。
膝下脱毛後のケアの仕方
膝下脱毛後のケアの仕方は、まずは保湿をしっかりとするということ。そして、紫外線対策です。この2つのケアをしっかりすることでより美しい肌を手にれいることができます。
家庭用脱毛器で膝下脱毛
家庭用脱毛器で膝下脱毛をするメリットは、自宅でサロンと同じ脱毛をすることができることです。効果はサロン以上のものが期待できる脱毛器もあります。もちろん追加料金はありませんので好きなだけ脱毛ができます。
毛抜きでの脱毛
自宅で脱毛する方法には毛抜きもあります。毛抜きは安く手に入りますし、簡単に自己処理ができます。やり方も工夫すれば痛みも軽減できますが、埋没毛などの原因にもなりますから注意が必要です。