膝下 自己処理

膝下のシェービングの仕方!

膝下のムダ毛を自己処理で行う場合、一番お勧めの方法は剃刀でのシェービングです。
しかし、剃刀での自己処理はトラブルも起きやすいので、行う際は細心の注意が必要です。
剃刀を使った自己処理の大切なポイントを紹介します。

 

剃刀はこまめに交換し、保管する場合は清潔をたもつ。

剃刀は使う度に刃が痛んでいきます。
刃こぼれした剃刀は、肌を傷つける原因となってしまいますので、剃刀はこまめに交換しましょう。
また、お風呂場など、湿度の高い場所に置きっぱなしにすると、刃がさびたり、雑菌が付着したりしますので、使用後はよく洗って乾燥させ、清潔をたもちましょう。

 

シェービングフォームを使う

シェービングで大事なことは肌へのダメージを減らすことです。
お風呂で処理を行う場合、石鹸等の泡を使って脱毛する場合がありますが、肌へのダメージを減らすには十分ではありません。
肌へのダメージを軽減するだけでなく、処理後の乾燥も防いでくれますので、シェービング専用のものを使い、肌の上を優しくなでる様に剃り、肌へのダメージをより少なくしましょう。

 

処理後のケアを忘れずに!

剃刀で毛を剃るとき、どうしても肌も一緒に削り取ってしまいます。
表面が削り取られた肌は乾燥しやすく、肌の乾燥は埋没毛や色素沈着の原因となります。
処理後はいつも以上に十分な保湿を行いましょう。
この時、殺菌力のある保湿剤をつかうと、肌トラブルも一緒に防げます。

 

正しいシェービングで、大切な肌を守りましょう。

 

ただし、シェービングには肌荒れや毎日の処理が面倒などデメリットがあります。
そのデメリットから解放されるためにはエステサロンでの膝下脱毛がおすすめです。
膝下脱毛をすれば、ツルツルの足を手にれ入れることができ生活することができます。

 

>>>膝下脱毛のおすすめサロンはこちら!<<<

膝下の自己処理方法関連ページ

自宅で膝下脱毛のやり方
自宅での膝下脱毛のやり方は、剃刀や脱毛クリームを使う方法が主流です。ただし、自宅での自己処理はどんな方法でも危険が伴いますので十分に注意して膝下脱毛を行いましょう。
カミソリの膝下処理は危険
カミソリによる膝下処理は危険です。肌へのダメージが大きく、黒ずみ・埋没毛などの肌トラブルの大きな原因となります。なので、エステサロンで膝下脱毛がおすすめです。肌への負担が少なくムダ毛処理ができます。
膝下脱毛後のケアの仕方
膝下脱毛後のケアの仕方は、まずは保湿をしっかりとするということ。そして、紫外線対策です。この2つのケアをしっかりすることでより美しい肌を手にれいることができます。
家庭用脱毛器で膝下脱毛
家庭用脱毛器で膝下脱毛をするメリットは、自宅でサロンと同じ脱毛をすることができることです。効果はサロン以上のものが期待できる脱毛器もあります。もちろん追加料金はありませんので好きなだけ脱毛ができます。
毛周期に合わせた膝下脱毛
膝下脱毛の毛周期は約3〜4ヵ月程度です。脱毛する際は毛周期に合わせた脱毛が重要です。毛周期とは、毛が生まれ変わる周期のことで、毛周期にあわせることで効果の高い脱毛ができます。
毛抜きでの脱毛
自宅で脱毛する方法には毛抜きもあります。毛抜きは安く手に入りますし、簡単に自己処理ができます。やり方も工夫すれば痛みも軽減できますが、埋没毛などの原因にもなりますから注意が必要です。